幅広い建築に対応

〒874-0938 大分県別府市末広町4-5
TEL 0977-24-2424
営業時間 8:00~17:00
SEISMICALLY

耐震・免震

A > 耐震・免震

耐震・免震について

安心・安全の「免震構造」とは

 突然の地震から人や建物を守るための地震対策は、「耐震」「制震」「免震」の3つに大別されます。「耐震」は地震の力に対し、主に壁の強度を上げて耐える構造です。すべての建築物に対して義務付けられた構造ですが、地震の揺れが直に建物に伝わるため、高層階に上がるほど揺れが増幅します。また「制震」は、柱、梁、壁といった建物の重要な部分に制震装置を設置することで揺れを吸収する建築構造ですが、制震装置を取り付ける位置によっては効果に差が出てしまうこともあります。
 一方、「サン・ヒーローマンション別府駅前」に採用された「免震」構造とは、建物と基礎地盤の間に設置した免震装置が揺れを吸収するため、地震の揺れを建物に直接伝えない構造になっています。免震装置には、揺れ始めの周期の短い揺れを長い周期の揺れに変える「アイソレーター」と揺れ始めてしばらく経った後のゆっくりとした揺れを吸収し、早く止める働きがある「ダンパー」がありこれらの働きが建物に伝わる揺れを最小限に抑えます。

三光建設工業㈱の免震構造

日本の耐震基準は建築基準法に定められ、昭和56年の法改正で「新耐震基準」となりましたが、平成7年の阪神淡路大震災を機に、地震に対する国民の関心度が高まりました。その流れのなかで、注目を集めはじめたのが免震構造です。
地震力に対して柱、梁、壁などの構造体で耐え忍ぶ耐震構造に対し、免震構造は建物と基礎との間に積層ゴム等の部材を設置することで地震力の進入そのものを低減する仕組みです。 三光建設工業では入居者の不安を払拭し、快適なマンション生活をお届けしようと、サン・ヒーローマンション別府駅前に免震構造を導入することを決断。大分県下の建設会社では初めてとなる工事でしたが、これまで培ってきた同社の高い技術力を結集した結果、無事に完成の運びとなりました。
平成23年には東日本大震災が発生し、地震対策への意識が高まるなか、先見性をもった取り組みで顧客満足度の向上を目指してきた三光建設工業の免震技術が、あらためて注目を集めています。

お問い合わせ

耐震・免震に関するお問い合わせは、下記までお気軽にご連絡ください。
メールでお問い合わせの方は、こちらから
TEL 0977-24-2424(代表)
PAGE TOP